冷水と温水が飲める

温度を自由に調節できる

ウォーターサーバーの機能として魅力的なのが温度調節を自由に行えることです。ウォーターサーバーは通常はコンセントをつないで使うようになっていて、冷水と温水を出せる機能が付いています。どちらもウォーターサーバーから水を出したときには設定した通りの温度になるのが魅力です。ウォーターサーバーによって設定できる温度範囲には違いがありますが、冷水の場合には5度前後、温水の方は90度前後まで調節できるものがあります。自分で自由に設定できるので15度くらいの冷水にしてやや冷たいという程度にしたり、80度くらいにして熱すぎないようにしたりすることもできるでしょう。温度設定も簡単にできるようになっているので便利です。

冷水と温水の使い方例

冷水や温水はどのように使うのかも知っておくと役に立ちます。冷水は十分に冷えた水を飲みたいときに使うのが一般的ですが、熱いものを冷ますために入れることも可能です。冷蔵庫に水のボトルを入れておく必要がないので冷蔵庫のスペースを節約できるでしょう。一方、熱水の方は使える幅が広く、まずお茶やコーヒー、紅茶などをいれるのに使うことができます。それぞれに適した抽出温度に設定すれば美味しくいれられるでしょう。また、料理に使うことも可能であり、すぐに沸騰させられる熱湯が出るので時短ができます。この他にも離乳食を作るのに使うという方法が代表例で、熱水を使って溶かした後に冷水を入れて冷ませばすぐに食べさせられるでしょう。

宅配水とは自宅までミネラルウォーターが届けてもらえるサービスで、ウォーターサーバーをレンタルすることもできます。

© Copyright Types Of Water. All Rights Reserved.